BTAとは?


 BTA(Boring&Trepanning Association)とは、1942年にDr.Beisnerが発明したそれまでとはまったく違う深穴加工の機械で、その後各国でこの方式が発展し規格が統一された。
 そして、これをBTA方式と呼ぶようになった。

当初は大砲の砲身の穴をあける為が主であったが現在ではあらゆる産業機械に利用されている。
 BTA方式による穴あけは、下図のごとくポンプで高圧の切削油を油タンクから加工物に接した圧力頭(Oil Pressure Head
)に送られ、あけられた穴とボーリングバーの間にある リング状の空間を通って刃先に達し、切屑とともにボーリングバーの中を通ってオイルタンクに戻ります。従って切屑はあけられた穴の内面に接触することなく、非常にきれいにあけられ、穴の内面を害することはありません。

BTA

BTAの特徴

1. 深穴加工を高能率で行うことができる。

2. 高精度の穴が得られる。

3. 良好な仕上げ面が得られる。

4. 中、大径穴に向いている(φ10〜φ200

Copyright(c)2004 FUJIWARA S.S All rights reserved.